日本消化器内視鏡学会雑誌
原著
日本人とアメリカ人の大腸の長さは違うのか?―大腸3D-CT(仮想内視鏡)による1,300名の検討―
永田 浩一田尻 久雄光島 徹歌野 健一高林 健渡辺 直輝赤羽 麻奈加藤 貴司平山 眞章
著者情報
ジャーナル フリー

55 巻 (2013) 3 号 p. 435-444

詳細
PDFをダウンロード (896K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】大腸3D-CTを用いて日本人とアメリカ人の大腸の長さを比較した.
【対象】50歳以上の日本人とアメリカ人650名ずつ,合計1,300名を対象とした.
【結果】全対象における全大腸の長さの平均は日本人とアメリカ人でそれぞれ154.7cm,158.2cm,(p値:0.003,効果量:0.17),S状結腸と直腸を合計した長さの平均はそれぞれ63.3cm,62.5cm,(p値:0.23,効果量:0.07)であった.世代別では,50歳代で全大腸の長さの平均は日本人とアメリカ人でそれぞれ153.2cm,155.6cm,60歳代で155.2cm,159.3cm,70歳代で161.8cm,165.2cmで,日米ともに世代が上がるにつれて有意に長くなった.
【結論】日本人とアメリカ人の大腸の長さの差に実質的効果はみられずほぼ同等である.一方,日米ともに世代が上がるにつれて全大腸の長さは長くなる.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
次の記事
feedback
Top