日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
資料
大腸ポリープ切除後のクリップ止血予防に対する多施設共同無作為化比較試験
松本 美桜加藤 元嗣大庭 幸治安孫子 怜司津田 桃子宮本 秀一水島 健大野 正芳大森 沙織高橋 正和小野 尚子間部 克裕中川 学中川 宗一工藤 俊彦清水 勇一坂本 直哉
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 59 巻 7 号 p. 1537-1545

詳細
抄録

【背景】現在大腸ポリープの切除に際し,切除後の出血予防にクリップをかけることが一般的である.しかし,クリップの有無については術者の裁量に委ねられており,かつ,クリップの出血予防効果についても明らかとはなっていない.

今回,クリップの効果を明らかにすべく,われわれは2cm以下のポリープを対象に多施設共同の無作為化比較試験を行った.

【方法】検討期間は2004年4月から2013年7月の間,内視鏡的にポリープ切除を行う2cm以下のポリープを持つ20歳以上の患者を対象とし,ポリープ切除後の出血の有無を調査した.肝硬変や透析症例,ヘパリン置換例など重篤な合併症を持つものは除外とした.クリップ施行群ではポリープ切除後に全例でクリップをかけ,非施行群ではクリップを施行せずに処置終了とした.切除時に露出血管または静脈性出血が見られた場合には,スネアの先端で凝固焼灼を追加した上でそれぞれの群に応じた処置を行い終了としたが,動脈性出血が見られた場合には適切な止血処置を行い検討からは除外した.

切除後は慎重な経過観察を行い,顕性出血やHb2以上の低下があった場合には緊急内視鏡を行い出血部位を同定した.

【結果】北海道の7施設が研究に参加し,1,499人3,365ポリープが解析対象となった.そのうちクリップ群は752人1,636ポリープ,非クリップ群は747人1,729ポリープであった.後出血率はクリップ群で1.10%(18/1,636),非クリップ群で0.88%(15/1,729)であった.その差は-0.22%(95%CI:-0.96,0.53)で,95%信頼区間上限が非劣性マージン1.5%を下回り,非クリップ群のクリップ群に対する非劣性が証明された.次いで,クリップ群,非クリップ群それぞれに出血に関わる因子を検討したところ,両群でサイズが有意な因子となった.さらに非クリップ群ではさらに切除後の凝固焼灼の追加も有意なリスク因子であった.

【結語】大腸ポリープにおける後出血予防としてのクリップ施行は必ずしも必要ではないことが明らかになった.さらに,後出血の危険因子として凝固焼灼の追加が挙げられ,高周波を使用しないコールドポリペクトミーの有用性も示唆された.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top