日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
総説
抗血小板薬・抗凝固薬内服患者に対するEUS-FNA
川久保 和道河上 洋坂本 直哉
著者情報
ジャーナル 認証あり HTML

2019 年 61 巻 12 号 p. 2575-2581

詳細
抄録

超音波内視鏡下穿刺吸引法(Endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration;EUS-FNA)は,体腔内の腫瘍性病変に対する病理組織学的診断には,その安全性と確実性から,必須の手技であるといえる.近年,高齢化に伴い,虚血性心疾患や脳血管障害の治療や予防目的に抗血栓薬を内服する患者は増加し続けている.このような患者に対し,EUS-FNAを施行する機会も増えてきており,適切な周術期服薬マネージメント,および出血性偶発症に対する対処が必要となってくる.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top