地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
総説
日本海東縁の地質構造と震源断層との関係
岡村 行信
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 116 巻 11 号 p. 582-591

詳細
抄録

日本海東縁で発生した大地震の震源域と地質構造とを比較すると,大部分の震源域は幅15~20 kmの非対称な背斜構造に重なる.傾斜30~45°前後の逆断層が厚さ10~15 kmの上部地殻を切ると,その幅が10~20 kmになることから,日本海東縁に広く分布する同じような幅を持った背斜構造は震源断層を含む逆断層全体の上盤の変形によって形成された可能性が高い.2004年中越地震の震源域では褶曲構造を断層関連褶曲であると仮定して推定した断層形状が,震源断層とよく一致することが示されたが,同じような関係が日本海東縁の他の背斜構造にも適用できるかどうか検討する必要がある.地質構造から震源断層の位置を推定することができれば,将来発生する地震による地震動の推定精度を向上させることができ,地震災害の軽減に貢献できる.

著者関連情報
© 2010 日本地質学会
次の記事
feedback
Top