地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
論説
同一ジルコン結晶を用いたフィッション・トラックとU-Pbダブル年代測定法の評価
−島根県川本花崗閃緑岩中の均質ジルコンを用いて−
岩野 英樹折橋 裕二檀原 徹平田 岳史小笠原 正継
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 118 巻 6 号 p. 365-375

詳細
抄録

同一ジルコン粒子を用いたフィッション・トラック(FT)法とU-Pb法によるダブル年代測定した年代値の信頼性を評価した.試料にはFT年代が33 Ma,自発FT密度が106〜107/cm2の島根県川本花崗閃緑岩三原岩体のジルコン粒子(OD-3)を用いた.U-Pb年代分析は,Nd-YAG(λ=213 nm)レーザーアブレーションシステムを搭載したICP質量分析法を用い,ジルコンを47%HF溶液による洗浄あるいはKOH-NaOH共融液によるFTエッチングを施した後に行った.その結果,33 MaのコンコーディアU-Pb年代が得られた.これは化学処理されたジルコンには顕著なPb損失は生じず,そして同一ジルコン粒子のFTおよびU-Pbダブル年代測定が実行可能であることを示す.今回使用した川本花崗閃緑岩三原岩体のジルコン粒子(OD-3)は若いジルコンU-Pb年代測定の標準試料になりうる試料である.

著者関連情報
© 2012 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top