地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
日本地質学会第119年学術大会 2012年 大阪 巡検案内書
和泉山脈西端部:和泉層群と中央構造線
宮田 隆夫安 鉉善猪川 千晶
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 118 巻 Supplement 号 p. S37-S52

詳細
抄録

中央構造線(MTL)は,白亜紀中頃からアジア大陸東縁部の形成に大きく関連して活動した大規模な横ずれ断層であり,それに沿って和泉層群堆積盆地が発達した.本巡検は,和歌山市北部から大阪府岬町にかけた地域で,横ずれ成分をもつMTL断層系の破砕帯と白亜系和泉層群のタービダイト相,堆積構造(スランプ褶曲, 底痕),変形構造(背斜, 小断層, デュプレクス),コダイアマモの化石,大阪層群/和泉層群の不整合などを見学し,それらの形成及び和泉層群堆積盆地の形成について現地討論を行う.

著者関連情報
© 2012 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top