地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
南部フォッサマグナ地域の足柄堆積盆地における前期更新世の撓曲とその形成過程
角田 史雄
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 108 巻 8 号 p. 483-498

詳細
抄録

伊豆半島とフォッサマグナ地域の境界部に位置する足柄地域の変形を広域の水平圧縮応力場での構造形成とする見解がよく知られている.しかし,足柄層群全体を変形させている足柄背斜の一般走行は,隣接する丹沢や箱根の変形構造のそれとは,形成時期も形成場も異なっている.また,足柄背斜を切って発達するより小規模な撓曲帯,背斜の西翼の小規模な褶曲,急傾斜帯などは,足柄地域が深成-火山活動の作用をうけつつ隆起していく過程で形成されている.以上のことから,足柄地域の褶曲を中心とする変形構造は,広域的で一様な古応力場のもとでの変形構造の一部ではなく,プリュームあるいはストック状のマグマの貫入やそれに起因する地塊の隆起という局地的な応力場によって形成されたものである.

著者関連情報
© 日本地質学会
次の記事
feedback
Top