高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
Online ISSN : 1880-6554
Print ISSN : 1348-4818
ISSN-L : 1348-4818
教育講演 1 : 失語―口頭表出面
失語 : 口頭表出面─モダリティーを超えて─
吉野 眞理子
著者情報
キーワード: 失語, 口頭表出, 発話症状
ジャーナル フリー

2011 年 31 巻 2 号 p. 176-180

詳細
抄録

失語の口頭表出面について,いくつかの代表的症状をとりあげて論じた。言語学的側面,語用論的側面,言語を支えるさまざまな認知機能,随伴する発話運動系の障害,非言語コミュニケーション的側面,心理社会的側面などさまざまな要因のダイナミックな相互作用による結果が口頭表出面に現れると考えられる。口頭表出にいたるさまざまな基盤的・背景因子とそれらのダイナミクスを,観察される発話症状から探り当てるのは容易ではない。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
前の記事 次の記事
feedback
Top