人間生活文化研究
Online ISSN : 2187-1930
ISSN-L : 2187-1930
報告
共焦点顕微鏡法と細胞膜挿入型蛍光色素PKH67による細胞形態の解析
濵口 正悟金子 恵橋本 遼田村 未来行方 衣由紀田中 光田中 直子
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 2014 巻 24 号 p. 217-221

詳細
抄録

生体内の細胞は様々な生理的および病的条件下で浸透圧の異なる環境にさらされ,これが水の移動と細胞の体積変化を引き起こす.細胞の体積変化は,このような細胞を取り巻く環境の変化を反映しており,細胞障害の予測にもつながると考えられる.我々は共焦点顕微鏡法と細胞膜挿入型蛍光色素PKH67を用い,浸透圧刺激による細胞形態の変化を計測する方法を確立した.低浸透圧刺激による腎尿細管上皮由来細胞株MDCKの体積の増大と減少,高浸透圧刺激による心室筋細胞の横行小管(T管)の消失を捉えることが出来た.本研究で用いた手法は,操作が簡便で正確な計測が可能であり,細胞への傷害も少ないという優れた特徴を有しており,細胞の体積および形態の制御機構解明に有用である.

著者関連情報
© 2014 大妻女子大学人間生活文化研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top