ヘルスプロモーション理学療法研究
Online ISSN : 2187-3305
Print ISSN : 2186-3741
短報
脳卒中患者におけるSemmes-Weinstein Monofilaments testの信頼性
荒川 達彌大田尾 浩岡村 麻由中尾 瞳八谷 瑞紀溝上 昭宏長谷川 正哉梅井 凡子小野 武也
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 2 巻 2 号 p. 65-68

詳細
抄録

[目的]Semmes-Weinstein Monofilaments test(SWM)の信頼性を検証することとした。[対象]脳卒中患者36名とした。[方法]測定項目は,SWM とした。信頼性は,スピアマンの相関係数と Cohen's kappa(κ 係数)にて評価した。[結果]麻痺側では,SWM の高い信頼性(rs=0.86,κ=0.71~0.79)が確認されたが,非麻痺側の信頼性は低値(rs =0.33~0.50,κ=0.33~0.50)であった。[結語]SWM は,麻痺側において検者内・検者間ともに信頼性が確認された。

著者関連情報
© 2012 日本ヘルスプロモーション理学療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top