J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

ヘルスプロモーション理学療法研究
Vol. 2 (2012) No. 3 p. 101-108

記事言語:

http://doi.org/10.9759/hppt.2.101

原著

本研究の目的は,床から立ち上がる動作の過程で,四つ這いをとるか否かに影響を及ぼす要因を明らかにすることである。方法は,地域在住の女性高齢者47名を対象に,握力,大腿四頭筋筋力,足把持力,上体起こし,長座体前屈距離,片足立ち保持時間を評価した。床から立ち上がる動作の過程で四つ這いをとる要因について,ロジスティック回帰分析を用いて検討した。その結果,立ち上がり動作の過程で四つ這いをとる要因として,上体起こしが選択された。これらの知見から,高齢者が床から立ち上がる際,四つ這いを経由するか否かには,体幹筋力が関係しており,体幹筋力が強いものほど四つ這いをとらずに立ち上がれる可能性が示された。

Copyright © 2012 日本ヘルスプロモーション理学療法学会

記事ツール

この記事を共有