電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
<電子物性・デバイス>
超音速N2分子線により誘起されるAlN薄膜形成過程の表面温度依存性
寺岡 有殿神農 宗徹高岡 毅James Robert Harries岡田 隆太岩井 優太郎吉越 章隆米田 忠弘
著者情報
ジャーナル 認証あり

134 巻 (2014) 4 号 p. 524-525

詳細
PDFをダウンロード (438K) 発行機関連絡先
抄録

Surface temperature dependence on the translational energy induced nitridation of Al(111) has been investigated by using synchrotron radiation photoemission spectroscopy. Incubation time for N1s photoemission onset was found to be longer at lower temperatures than 473 K, indicating precursor formation followed by proper nitridation. The major product is the three-fold N atom. The minor four-fold one decreased at higher temperatures. Three step reaction mechanisms, that is, translational energy induced nitridation, precursor formation, and proper nitridation of the precursor states, were presented.

著者関連情報
© 2014 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top