電気学会誌
Online ISSN : 1881-4190
Print ISSN : 1340-5551
ISSN-L : 1340-5551
特集 ナノ・マイクロバイオマシンの現状と将来
DNAオリガミを使った分子ナノマシン
遠藤 政幸
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 140 巻 9 号 p. 579-581

詳細
抄録

1.はじめに

DNAはナノスケールの正確な構造体を作製できる優れた材料である。近年ではDNAオリガミ法が開発され,自由な2次元・3次元ナノ構造体の作製が可能となり,機能化の面からも活発に研究が行われている(1)(2)。本稿では,DNAオリガミ構造体に運動機能を持たせた「分子ナノマ

著者関連情報
© 2020 電気学会
前の記事 次の記事
feedback
Top