医療と社会
Online ISSN : 1883-4477
Print ISSN : 0916-9202
ISSN-L : 0916-9202
特別寄稿
ドイツ医療関連同族大企業の企業統治
メルク株式合資会社とフレゼニウスSE社
吉森 賢
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 21 巻 2 号 p. 121-135

詳細
抄録

本研究はドイツの医療関連の同族大企業二社メルク株式合資会社とフレゼニウスSE社の企業統治制度を明らかにすることを目的とする。ドイツの企業統治の背景として日本と比較して,同族大企業が多い。この所有構造の原因と結果は同族企業に適した会社の多様な法的形態の選択可能性にある。両社に共通する企業統治の目的は企業の独立性永続化と外部資金調達手段の確保である。
メルク社は株式合資会社の採用により無限責任出資者としての経営権を確保しつつ市場から資金を調達する。
フレゼニウス社は公益財団を持株会社として利用しつつ,これが二次持株会社を支配し,これがさらに事業会社を支配するピラミッド方式により企業集団の独立性を確保する。資金調達は資本金の50%の無議決権優先株発行によりなされると同時に敵対的買収から防衛される。2010年12月時点でフレゼニウス社は法的形態を現行のFresenius SEを無限責任出資者とする株式合資会社SE&Co.KGaAに変更中である。この新組織を説明した。これにより公益財団の独立性は向上すると期待される。また発行済の無議決権優先株を議決権付き普通株に転換中であり,株主による監督機能が向上する。
両社の企業統治を評価し,日本の医療関連企業への示唆を提示する。

著者関連情報
© 2011 公益財団法人 医療科学研究所
次の記事
feedback
Top