日本LCA学会研究発表会講演要旨集
第7回日本LCA学会研究発表会
セッションID: B1-26
会議情報

バイオマス(1) 地域事例
木材の国産資源の活用による環境保全効果の評価
*村野 昭人高瀬 浩二鷲津 明由
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

わが国の森林面積の40%は人工林であり,それら林地の樹木は伐採時期を迎えている。しかし林業の低迷から,国産木材は十分に利用されていない。同じ樹木でも40年生程度のものが成長によるCO2吸収が活発と言われることから,国産材を有効利用し林地の高齢化を防ぐことは地球温暖化問題にも貢献する。本研究では住宅用建材の国産化と輸入代替によって,海外の森林保全と国内森林の若返りにもたらされる効果の大きさとその環境保全効果を試算する。

著者関連情報
© 2011 日本LCA学会
前の記事 次の記事
feedback
Top