Journal of Inclusive Education
Online ISSN : 2189-9185
ISSN-L : 2189-9185
ORIGINAL ARTICLES
学修成果指標ESLO(Employability based on Student Learning Outcome)の開発-その1
―内容的妥当性の検証と主観的評価尺度のプレテストによる 信頼性の検証―
韓 昌完太田 麻美子金 彦志權 偕珍
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 10 巻 p. 29-42

詳細
抄録

本研究の全体的な体系として、大学における学修成果指標として「Employability based on Student Learning Outcome; ESLO」を作成し、主観的・客観的側面を踏まえた評価方法を確立することを目的とする。本論では研究の全体像のうちESLOの構成概念の検討を第1の目的とし、検討した構成概念に基づき主観的評価尺度(試案)の作成及び内容的妥当性と信頼性検証までを第2の目的とした。 ESLOの概念を構成するために経済産業省が提唱する「社会人基礎力」やThe Partnership for 21st Century Learningが提唱する「21st-Century Skills」や「21st Century Learning」、ハーバード大学が提唱する「Employability Skill」などの概念を整理・検討した。その結果、ESLOの構成概念を「自己理解・自己管理能力」、「イノベーション力」、「情報・メディア・テクノロジーリテラシー」、「国際力」及び「専門力」の5領域15下位領域で構成した。ESLOの構成概念に基づいて主観的評価尺度(試案)の項目を作成し、尺度開発の専門家及び学部学生を対象に内容的妥当性の検証を行った。国公私立の3大学で122件のデータを収集し、内的整合性法を使用した信頼性検証の結果、全項目及び各領域でα> 0.700(α=0.755~0.971)となり信頼性が確認された。

著者関連情報
© 2021 一般社団法人アジアヒューマンサービス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top