Journal of Inclusive Education
Online ISSN : 2189-9185
原著論文
IN-Child Recordに基づいたADHD傾向のあるIN-Childに対する指導法の分析
太田 麻美子權 偕珍小原 愛子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 3 巻 p. 1-17

詳細
抄録

IN-Childとは、包括的教育を必要とする全ての子どもを指す用語であり、IN-Child Recordとは、IN-ChildのQOL向上の観点から支援ニーズを検討する為の82項目14領域で構成されているツールである。本研究では、IN-Child Recordの14領域を用いて、既存の論文・学会発表における指導実践を分析することで、ADHD傾向のあるIN-Childに対して教育現場で行われている指導・支援方法を典型化し、課題を明らかにすることを目的とした。その結果、ADHD傾向のあるIN-Childに対する指導・支援として、①保護者と実施できる身体面に関する具体的かつ効果的な指導方法の必要性、②海外の文献も含めたADHDの特性に特化した生活面に関する指導法の収集の必要性、③「聞く」に関する指導法と、ADHDの特性に特化した読み書き能力を高めていくため指導法の開発が必要であることが明らかになった。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人アジアヒューマンサービス学会
次の記事
feedback
Top