情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第15回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

2018年7月13日(金)
特許と論文の複合解析による有望応用分野の予測
-印刷技術を例に-
柴田 洋輔髙橋 啓治手塚 夏音丹羽 麻里子平島 諭
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 1-6

詳細
抄録

先端技術トピックにおける技術動向予測を目的として、流体(流体・ゲル状体・微粉体等)を吐出し、硬化させて、積層体を形成するインクジェット印刷技術を例に、現時点では製品化されていないが、将来印刷技術が応用されそうな新しい製品分野を探索した。分析手法として、まず、製品化に近い技術情報である特許文献と、科学的事象に基づく基礎的な研究結果を多く含み、今後発明および製品開発に繋がる可能性のある技術情報である学術論文の性質の違いに着目し、論文発行件数と特許出願件数の時系列推移比較から「近年論文発行件数が増加傾向にありながら、特許出願件数が低調であり、増加傾向が認められない分野」を「今後製品化に発展しそうな分野」として抽出する手法を用いた。次に、抽出した分野の特許情報と論文情報のテキストマイニング解析と目視解析を併用し、より細分化された分野への絞り込みを行い、最終的に「今後印刷技術が応用されそうな新しい製品分野」を見出した。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 情報科学技術協会
次の記事
feedback
Top