日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
ISSN-L : 1344-4425
Imaging Today
オフセット印刷技術2012
齋藤 将史
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 51 巻 2 号 p. 165-176

詳細
抄録

経済産業省の調べによれば2009年の印刷業全体に占めるオフセット印刷 (紙に対するもの) の割合は75%となっている.一方でその歴史は1904年にアメリカのアイラ · ルーベルの考案,もしくは1914年の国産技術が始まりであり,比較的新しい技術である.オフセット印刷は文字品質と画像品質が両立でき,大量のカラー印刷に適しているため,急激に発展していった.その技術は大量生産時代,安定品質要求時代を経て,環境対応時代に入りほぼ成熟したといってよい.オフセット印刷技術は,1914年から続く国産印刷機の改良と,安定して版が出力できること,そしてインキや紙の違いを考慮したCMSの技術に支えられてきた.今後は,環境単体ではなくQCDと一体となった技術開発や,規格化によるメリットが大きい生活環境 · 産業資材関連への転用が進んでいくと思われる.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事
feedback
Top