日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
ISSN-L : 1344-4425
Imaging Today
粉末床溶融結合法 (選択的レーザ焼結法) とその材料としてのポリアミド (ナイロン) 12
中谷 充
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 54 巻 4 号 p. 320-325

詳細
抄録

3Dプリント技術のひとつである粉末床溶融結合法 (選択的レーザ焼結法) は,プロトタイプの作成に止まらず,少量多品種生産を効率的に実現する方法として注目されている.また,その方法から,従来の大量生産方式では実現不可能であったカスタマイズ生産や,構造上金型から抜くことが出来ないような複雑な形状の製品の生産が可能である.そして,プロトタイプではなく「製品」として使用可能な成形品を得るのに最も適した材料がポリアミド (ナイロン) 12であり,市場の要請に応えるグレード開発が行われている.また,将来に向けてポリアミド以外の高耐熱樹脂の使用が模索されているが,今後もポリアミド12を中心としたポリアミド樹脂群がその中心的役割を担うべく活発な材料開発が行われている.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事
feedback
Top