国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
研究発表
ストレッサーに対する経時的変化の研究
足達 義則笹山 雪子上杉 一秀
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 36 巻 1 号 p. 15-

詳細
抄録

人にとって適度なストレスは仕事や勉強などの効率を上げると言われるが、許容できるストレス強度には個人差があるとともにストレスの種類に依存している。ストレスの病気原因説を唱えて以来悪者扱いされることが多いが、様々なストレッサーから逃れられない現代社会においては、いかにストレッサーとうまく付き合うかが健康な生活を送るうえで非常に大きな課題と言える。 本研究では各種のストレッサーに対する生体反応を、指尖脈波を通して経時的に検討することで、ストレッサーの生体に及ぼす影響が個性ある被験者でどのような変化となって表れるかを、R-R 間隔のウェーブレット解析によって検討した。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top