労働科学
Online ISSN : 2187-2570
Print ISSN : 0022-443X
研究ノート
リスクコミュニケーションツールとしてのシフトワーク・チャレンジの試み
佐々木 司松元 俊松田 文子酒井 一博
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 90 巻 2 号 p. 65-70

詳細
抄録

電車運転士83名,保健師100名に対してシフトワーク・チャレンジの20問の練習問題を行った。その結果,職種,年齢階層,夜勤経験の有無にかかわらず,正答率の高い問題と正答率の低い問題の傾向は似ていた。また正答率は,夜勤経験のある者で無い者より高かったが,夜勤経験率が低い保健師の方が,夜勤経験率が高い電車運転士よりも正答率は高かった。この理由として夜勤経験の有無よりも,たとえば保健師ならば,日ごろの業務で夜勤者の健康管理を行っているという夜勤・交代勤務に対する関心の高さが正答率を上げていることが考えられた。これらのことから,シフトワーク・チャレンジは,有効なリスクコミュニケーションツールになり得ることが示唆された。(図2,表2)

著者関連情報
© 2014 公益財団法人 労働科学研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top