映像情報メディア学会技術報告
Online ISSN : 2424-1970
Print ISSN : 1342-6893
ISSN-L : 1342-6893
41.11 放送技術
セッションID: BCT2017-39
会議情報

電波型腹腔鏡アンテナシステムの基礎検討
*真鳥 拓也藤本 孝文増田 直人田中 俊幸
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本稿では , リアルタイムで血管位置検出が可能な電波型腹腔鏡アンテナシステムについての基礎検討を行っている . 提案するシステムは同一平面内に 1つの送信アンテナと4つの受信アンテナから構成され,受信波を合成開口等の信号処理を行うことにより,血管位置検出を行う.目標とするアンテナシステムのサイズの直径は 10mm, 目標周波数 15GHzである . 本稿では , 本研究の第一段階として取り扱いが容易な 2.5倍スケールの直径 25mm, 目標周波数 6GHzで設計を行った . 解析モデルでは , 設計したアンテナモデルの前方に接するように脂肪モデルを配置している . 送信用アンテナ素子の配置についてシミュレーションにおける透過係数 , 反射係数を用いて検討を行った . また , 脂肪モデル内の血管の有無や大きさ , 位置の違いによる透過係数の比較を行った.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top