日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
2011年東北地方太平洋沖地震で観測された長周期地震動が長周期型構造物の震動制御に与える影響
庄司 学門 真太郎韓 強
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 4 号 p. 4_414-4_431

詳細
抄録

2011年東北地方太平洋沖地震では高層ビルや長大橋梁の地震応答に影響を与え得る長周期地震動が観測された。本研究では、固有周期が長い大規模な隣接構造物の震動制御の問題を取り上げ、Maxwell型ダンパーで連結した系に対して長周期地震動が作用した場合の地震応答メカニズムを時刻歴応答解析によって明らかにした。その際、対象とする系の1次固有周期T1を2.48秒から6.96秒まで変化させ、ダンパーの減衰係数cm及び連結剛性kmをパラメータとして解析を行った。振動数比及び質量比の観点から相対変位に関する応答倍率の評価を行い、制震ダンパーのパラメータの最適化に関する検討を行った。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事
feedback
Top