日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
地震動強さの距離減衰式にみられるバラツキの空間相関が巨大地震の被害予測に与える影響
阿部 雄太山本 治貴中村 雅紀秋山 伸一井上 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 17 巻 2 号 p. 2_74-2_87

詳細
抄録

地震動強さの距離減衰式にみられる地震内のバラツキについて, 地点間の空間相関を考慮することによる巨大地震の被害予測への影響を定量的に検討した.バラツキの空間相関を考慮する方法として相関行列を疎行列化してコレスキー分解する方法を構築することで, 大正型関東地震や南海トラフ最大クラス地震など巨大地震を対象に多数の地点で地震動を評価する場合でも, これを考慮できるようにした.これらの地震について, 本手法を用いた場合と地震内のバラツキの無相関または完全相関を仮定した場合を比較すると, 被害棟数の度数分布が異なること, 被害予測において本手法を用いることで, 地震の多様性や不確実性を簡便に考慮できる可能性があることが分かった.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top