日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
超高層鉄骨造建物のモニタリングを想定した損傷推定法に関する研究
孫 光宇鬼丸 貞友
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 18 巻 5 号 p. 5_1-5_11

詳細
抄録

モニタリングによる建物の健全性評価の重要性が高まっている一方で,建物の地震による損傷の要因として,特に長時間・長周期地震動変形の繰り返しがもたらす累積損傷が注目されている.現在,部材の累積損傷に関する設計クライテリアは既に提案されているが,本研究では地震後建物継続利用問題に着目し,地震時モニタリングで観測した建物応答の時刻歴データから,精度よく速やかに損傷状況を推測する方法を提案し,立体骨組モデルと等価せん断モデルを用いて,その有効性を示す.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本地震工学会
次の記事
feedback
Top