日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
部分的フェアリングによる橋梁の対津波補強に関する研究
川崎 肇伊津野 和行
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_184-5_191

詳細
抄録

津波による橋梁の流出を防ぐ対策として,桁側面にフェアリングを設置して抗力を軽減する方法がある.しかし,施工上の制約等により全面にフェアリングを設置できない場合や,抗力は軽減できても揚力の軽減効果が見込めない場合がある.本研究では,部分的に設置したフェアリングとオープングレーチング床版を利用することにより,抗力のみならず揚力をも軽減することを目的として数値解析的に検討を行った.その結果,グレーチング床版とフェアリングとを併用することにより,部分的に設置したフェアリングであっても,フェアリングの設置率に応じて揚力を軽減することができることがわかった.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top