日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
橋の損傷シナリオデザインによる超過作用への対応策の一提案
大住 道生中尾 尚史西 弘明
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_203-5_213

詳細
抄録

道路橋の耐荷性能の照査に用いる設計地震動は,地震動特性等のばらつきの影響を考慮して設定されているが,設計地震動を上回る地震動が発生する可能性は否定できない.また,津波や斜面変状,断層変位などの直接設計照査を行っていない極めて大きな作用に対して性能を確保することは困難であると考えられる.そこで,耐荷性能の照査において設定する作用を超える作用を受けたときの橋にとって致命的な被害を特定するとともに,致命的な被害への至りにくさや致命的な被害に至ったとしても機能回復のための応急復旧のしやすさを実現するための考え方として,橋の損傷シナリオをデザインする方法について検討した結果について論じる.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top