日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
地中構造物の固結工法による液状化対策の耐震補強効果
伊藤 浩二樋口 俊一
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_214-5_223

詳細
抄録

地中構造物の耐震設計では,構造物,周辺地盤の非線形域までを対象とした時刻歴応答解析が適用される.地中構造物の耐震補強では,構造物の両脇に固結体を設置した水平載荷試験とその解析から,固結体による補強効果が検討されている.地中構造物の両脇の固結工法による液状化対策を想定して,下負荷面モデルで表現した液状化地盤と固結体および鉄筋コンクリート製地中構造物の材料非線形を考慮した地震応答解析を行い,固結工法による液状化対策の耐震補強効果を検討した.固結体の形状がブロック状の二次元有効応力解析,固結体の形状が格子状の三次元有効応力解析で得られた構造物の応答,固結体の応答を基に,固結工法による液状化対策の合理的な改良仕様を提示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top