日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
東北日本の異常震域に対応するための最大振幅および 応答スペクトルの新たな距離減衰式補正係数
森川 信之神野 達夫成田 章藤原 広行福島 美光
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 6 巻 1 号 p. 23-41

詳細
抄録

異常震域を表現するための距離減衰式に対する補正係数の改良を行った。基準の式をKanno et al.(2005) によるものに変更し、応答スペクトルにも対応するようにしている。海溝軸に替えて、火山フロントまでの距離を導入することにより、一部地域に対して過大評価となっていた問題点を解決するとともに、対象地域を関東・甲信越地方まで拡大した。さらに、基準式では考慮されていない震源特性に関する検討を行った。地震動強さに関して震源の深さ依存性は見られなかったが、プレート間地震とスラブ内地震では明瞭な違いがあることが確認された。そのため、両タイプの地震に対する補正係数も新たに求めた。

著者関連情報
© 日本地震工学会
前の記事
feedback
Top