日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
埋設管ネットワークにおける耐震性評価手法の研究
小金丸 健一鈴木 信久森 健清水 善久
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 6 巻 3 号 p. 12-26

詳細
抄録

従来有限要素解析等の高精度な耐震性評価は、計算量が膨大になるため、面的に拡がった埋設管ネットワークに適用することは現実的には不可能だった。そこで、埋設管ネットワークを直線区間と両端に接続する異形管からなるセグメントに分割し、そのセグメント毎に地震応答による変形を高速かつ高精度に算出し、許容される管体の変形量と比較することにより耐震性を評価する手法を研究した。この手法による計算精度は、有限要素解析と同等であるが、計算量は大幅に削減可能である。従来、ネットワークの耐震性評価において敷設線形の影響を簡易に評価することが難しかったため、予防対策箇所の選定を合理的に行うことは困難だったが、本手法により詳細かつ高精度に耐震性を評価できるようになるため、合理的な地震対策を実施することが可能となる。

著者関連情報
© 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top