教育メディア研究
Online ISSN : 2424-2527
Print ISSN : 1340-9352
小学校段階におけるプログラミング教育に対する教員の意識と意義形成要因の検討
黒田 昌克森山 潤
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 24 巻 2 号 p. 43-54

詳細
抄録

本研究では,全国の小学校教員を対象にプログラミング教育の意義の感じ方や育成を目指す資質・能力,背景となる社会観に対する意識などを調査した(n=522)。その結果,「プログラミング的思考」,「さまざまな現実的な問題をコンピュータで解決できるような形式の問題に変換する力」,「モデル化やシミュレーションができるように,データを変数として扱えるようにする力」等の資質・能力(思考力等),「コンピュータの働きをより良い人生や社会づくりに生かそうとする態度」等の資質・能力(態度),「今後の社会において,コンピュータを作業の効率化を図るために使うより,創造的な活動に使うことの方が重要になる」等の社会観がそれぞれ小学校教員のプログラミング教育に対する意義形成に寄与していることが明らかになった。

著者関連情報
© 2018 日本教育メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top