日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
原発性アルドステロン症
内海 孝信加賀 麻祐子川村 幸治神谷 直人今本 敬鈴木 啓悦市川 智彦
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2014 年 31 巻 3 号 p. 166-170

詳細
抄録

原発性アルドステロン症(primary aldosteronism:PA)は外科的に治癒が期待できる二次性高血圧であり,患側の副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術が標準術式である。PAは適切な診断・治療が遅れると高血圧の重症化だけではなく,高アルドステロン血症による心・脳血管障害の発生や腎機能障害の進行など不可逆的な臓器障害に至る可能性がある。スクリーニング検査の発展・普及に伴い早期発見が可能となり,現在では高血圧患者の3~10%程度を占めると報告されている。推定患者数は非常に多くcommon diseaseとも考えられるが,PA診断に必要な検査を行う内分泌内科医や放射線科医が必ずしも各施設に在籍しているとは限らない。本稿ではPA診療ガイドラインに沿いつつ,手術療法の対象となるPA患者の診断・治療および術後のフォローアップに関して,われわれ外科医が診療可能な範囲を意識して述べる。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top