地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
論文
非定常地下水流動解析による霞ヶ浦の完新世における古水文環境の復元
髙本 尚彦嶋田 純白石 知成
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 59 巻 4 号 p. 325-343

詳細
抄録

地層が堆積した当時の水文情報が残っている可能性のある霞ヶ浦において,海水準変動,塩濃度変化,堆積物の堆積過程といった長期的な変遷を考慮した非定常の2次元鉛直断面地下水流動解析を行った結果,既往調査で得られた2地点のコア間隙水の塩濃度プロファイルを概ね再現することができ,2地点の陸域からの淡水地下水の寄与の違いを定量的に示すことができた。解析結果からも,湖岸に近いSiteK-1は地表水だけでなく陸域からの地下水の影響を受けやすい環境であるのに対し,湖心付近のSiteK-2は陸域からの地下水の影響を受けにくい環境であった。非定常解析を行うことにより,以上なような詳細な水文環境の変遷状況が明らかとなった。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top