日本鉱物科学会年会講演要旨集
日本鉱物科学会 2018年年会
セッションID: S1-04
会議情報

S1:火成作用の物質科学(スペシャルセッション)
マグマからのFe-酸化物結晶作用のFE-SEMその場観察
*無盡 真弓中村 美千彦
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

火山の噴火ダイナミクスにとって重要であるとともに鉱物学的にも未踏の領域であるマグマからの核形成・初期成長過程を明らかにするために,FE-SEM(JEOL JSM-7100F, Protochips Aduro加熱ステージ)を用いてその場観察実験を行い,Fe-酸化物の結晶化過程を観察した.出発物質には石基にほとんどマイクロライト・ナノライトを含まない桜島の大正噴火の軽石を用いて,10°C/sで加熱し,950°Cで温度一定に保ちながら,含水ガラスの脱水結晶化を観察した.その結果,粒子の合体とその後の形状変化において,これまでに水溶液系で観察されたものと類似する非古典的な核形成・成長過程が観察された.ケイ酸塩メルトにおいても,多様な結晶成長経路で結晶化が起こっていると考えられる.

著者関連情報
© 2018 日本鉱物科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top