日本看護科学会誌
看護部長の「倫理的ジレンマ」をもたらす道徳的要求
勝原 裕美子
著者情報
ジャーナル フリー

23 巻 (2003) 3 号 p. 1-10

詳細
PDFをダウンロード (1604K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は, 看護部長の倫理的ジレンマが, どのような道徳的要求の衝突によって生じているのかを明らかにするものである. 本研究では, 倫理的ジレンマを「複数の優先順位をつけられない道徳的要求があるが, それらのすべてを達成することができない状況」と定義し, そのような状況のうち, これまで最も意思決定が困難であった事例について自由に語ってもらうという面接手法を採用した. その結果, 25名の看護部長から合計41のストーリーが得られた. それらは, 医療ミス・過誤の開示に関するものが8例, 処遇や昇格などの人事の適正に関するものが6例, 医師の業務内容や態度を問題だと感じているものが5例, 人や予算などの資源配分に関するものが5例などである. これらのストーリーからは, 合計48の倫理的ジレンマが確認でき, それらは次の17種類の道徳的要求のいずれか2つ以上がぶつかり合って生じていることが明らかになった.「個人の誇りを守る」,「市民としての義務を果たす」,「女性であることを受け入れる」,「社会的に人を助ける」,「患者の権利を守る」,「看護の質を保証する」,「看護専門職としての誇りを守る」,「患者の生命を守る」,「組織の利益を上げる」,「労働者の権利を守る」,「看護部門を代表する」,「医師と協調する」,「組織のルールに従う」,「日本的文化規範に従う」,「法を守る」,「住民の要望にこたえる」,「政策や政治的な要求を受け入れる」.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本看護科学学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top