日本創造学会論文誌
Online ISSN : 2433-4588
Print ISSN : 1349-2454
共分散構造分析による地場産業製品のイノベーション実現に対するアクターとの連携並びに媒介の寄与の因果関係特定
日本の陶磁器及び刃物産業を実証フィールドとして
大島 裕市保井 俊之谷口 尚子当麻 哲哉
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 24 巻 p. 119-136

詳細
抄録

地場産業地域の多くが経営環境や需要の変化などにより衰退傾向にある中で、新たな知識習得を起因とする地場産業製品のイノベーション実現が衰退防止の対応策として近年注目されている。製品イノベーションの実現には知識創造とその習得が必要であり、そのためには、知識及び情報を持つ行為者としての社会単位であるアクターとの連携並びにその媒介が重要である。本研究は、地場産業企業とアクターとの連携並びにその媒介が地場産業製品のイノベーションに与える影響について、食品等を除き日本の消費者に最も製品が需要される陶磁器及び刃物産業を実証フィールドとして、アンケート調査並びに共分散構造分析を行った。その結果、地場産業企業の製品イノベーションの実現には、アクターとの連携と情報収集活動が寄与することが示された。また、アクターとの連携には媒介の活用が大きく寄与していることを示した。

著者関連情報
© 2021 日本創造学会
前の記事 次の記事
feedback
Top