理論応用力学講演会 講演論文集
第53回理論応用力学講演会 講演論文集
セッションID: 2D9
会議情報

OS20-2:逆問題の新しい解析手法の提案 --数学と数値計算の接点 --2
Picard の公式による第一種積分方程式の解の数値的構成法
*藤原 宏志
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

逆問題に現れる第一種積分方程式に対しては、そこに含まれる積分作用素の特異系を用いることで解を構成することができる。これは Picard の公式として知られる。しかし限られた積分核を除き、この特異系を具体的に得ることは理論的にも数値的にも困難であったため、従来、Picard の方法による解の構成は期待されなかった。本講演では、近年提唱された数値特異値分解を Picard の公式に適用することによる第一種積分方程式の数値解の構成を紹介する。

著者関連情報
© 2004 日本学術会議メカニクス·構造研究連絡委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top