日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第46回研究大会
セッションID: E01
会議情報
23日(土) 10:00-12:25  E会場 
土地を「守る」こと
現代沖縄における米軍接収土地返還後の開発とエージェンシー
越智 郁乃
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

第二次世界大戦後、沖縄では米軍による土地の強制接収に端を発し、土地代や補償をめぐる闘争が続いてきた。しかし本土復帰を経て土地の大規模返還が開始されると、一転して地主らが主体的に土地を開発していく必要に迫られることになった。本発表では、返還地である那覇市A地区の地域集団と彼らが持つ入会地の開発の事例を取り上げ、地域集団の共同性が土地の利用をめぐって変化する側面に着目する。そして、米軍」対「沖縄民衆」という従来の二項対立的な図式を逃れる実践のあり方について考察を試みる。

著者関連情報
© 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top