日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第49回研究大会
会議情報

日本文化人類学会研究大会発表要旨集
オカルト的生活世界と暗黙の二元論的宗教観
ケニア海岸地方ドゥルマの妖術とキリスト教
岡本 圭史
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. G14-

詳細
抄録

人類学的宗教研究の中には、様々な二分法を前提とする暗黙の二元論的宗教観がしばしば見出される。妖術等のオカルト的実践をその一部とする生活世界がこの宗教観の下に捉えられた場合、宗教と呼ぶべきではない対象が宗教とされる危険がある。本発表では、ケニア海岸地方のドゥルマの事例を元に、そうした生活世界を人々が想像、創出する様子を描く。また、宗教概念の再定義の試みに一線を画しつつ、新たな宗教観を模索する。

著者関連情報
© 2015 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top