日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第52回研究大会
セッションID: D20
会議情報

分科会12 『ホスト・アンド・ゲスト』再考
未来への抑圧、過去への連帯
フィリピン・ボラカイ島の観光開発に現れる新たなホストとゲスト関係
*東 賢太朗
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本発表では、フィリピン・ボラカイ島の事例から「ホストとゲストの関係」という視座の有効性を問い直す。ボラカイ島が観光地として直面している危機的な状況と急激な変化の渦中で、ホストとゲストという関係を越えた別種の共同性が生起している。それは必ずしもユートピア的ではなく、未来に向かいながら抑圧的であり、ときに過去に向かってのみ連帯を生じさせ、不確実で偶然に左右される観光という領域の特殊さを際立たせている。

著者関連情報
© 2018 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top