日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
論文
一般曲線座標系を導入したスペクトル法による2次元音場の数値解析
鮫島 俊哉高橋 繁之荒木 陽三
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 5 号 p. 269-280

詳細
抄録

本論文では,解析対象が整形である場合に高精度な数値解が得られるスペクトル法によって,室内音場を数値解析するための手法を構築する。その際,ある程度の不整形な形状を有する室内音場に適応するための端緒として,一般曲線座標系を導入する。構築した数値解析手法の妥当性を評価するため,吸音壁で囲まれた2次元の閉空間内のインパルス応答の計算を行った。直方体音場の理論解析解との対応は良好であり,更に2次元の不整5角形の音場についても妥当な計算結果が得られた。また,1次3角形アイソパラメトリック要素を用いた有限要素法との比較より,解くべきマトリクス方程式の次元数,及び必要メモリ容量に関しては,スペクトル法による数値解析手法のほうが少なくなる可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top