日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
73 巻 , 5 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
追悼文
論文
  • 鮫島 俊哉, 高橋 繁之, 荒木 陽三
    2017 年 73 巻 5 号 p. 269-280
    発行日: 2017/05/01
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

    本論文では,解析対象が整形である場合に高精度な数値解が得られるスペクトル法によって,室内音場を数値解析するための手法を構築する。その際,ある程度の不整形な形状を有する室内音場に適応するための端緒として,一般曲線座標系を導入する。構築した数値解析手法の妥当性を評価するため,吸音壁で囲まれた2次元の閉空間内のインパルス応答の計算を行った。直方体音場の理論解析解との対応は良好であり,更に2次元の不整5角形の音場についても妥当な計算結果が得られた。また,1次3角形アイソパラメトリック要素を用いた有限要素法との比較より,解くべきマトリクス方程式の次元数,及び必要メモリ容量に関しては,スペクトル法による数値解析手法のほうが少なくなる可能性が示唆された。

  • 松井 健太郎, 菅谷 真帆, 足立 修一
    2017 年 73 巻 5 号 p. 281-290
    発行日: 2017/05/01
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

    非干渉化制御を援用した状態空間での出力追従制御と,この制御を応用したトランスオーラル再生制御器の設計を提案する。トランスオーラル再生では,受聴者の頭部運動や受聴環境の変化など,外乱による再生品質の劣化がしばしば問題となっている。提案法では,これら外乱入力に対するロバスト性能の評価指標としてHノルムを用い,これを最小化する凸計画問題として制御器の設計を定式化する。ラインアレイスピーカを用いた実測と計算機シミュレーションを実施し,提案法によりHノルムを小さく抑えたトランスオーラル再生制御器が設計可能であること,Hノルムが小さくなるほど外乱入力により生じるひずみの拡大が抑制されることを確認した。設計される制御器の出力追従性能は,再生音場のモデル化精度に依存する。このモデル化精度と計算コストとのトレードオフについても考察した。

研究速報
小特集―高齢者や視覚障害者に配慮した音環境―
コーヒーブレーク
feedback
Top