J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

2013年春季全国研究発表大会
セッションID: E2-4

記事言語:

http://doi.org/10.11497/jasmin.2013s.0.217.0

予稿原稿
主催: 経営情報学会
  • 抄録

本論文は、大規模経営組織であるビヨンド社(仮名)を題材に、組織内におけるワイワイガヤ感と組織のパフォーマンスの関係を分析する。ここで、ワイワイガヤガヤ感とは立場を超えて個人が提案する姿である。ビヨンド社の組織を、事業部型組織、横断R&D型組織、基礎研究型組織の3タイプ分け、各々の組織内のワイワイガヤガヤ感と組織パフォーマンスの相関を、組織の存続期間と言う代理変数を以て明らかにした。結果、事業部型組織、横断R&D型組織においては、組織パフォーマンスのためにワイワイガヤガヤ感は必要条件である一方、それだけでは十分ではなく、スケジュール感を与えなければパフォーマンスが上がらないことが明らかになった。

Copyright © 2013 一般社団法人経営情報学会

記事ツール

この記事を共有