行動経済学
Online ISSN : 2185-3568
ISSN-L : 2185-3568
第4回大会プロシーディングス
自信過剰が競争的環境における生産性に与える影響
木成 勇介大竹 文雄奥平 寛子水谷 徳子
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 3 巻 p. 187-189

詳細
抄録

個人の生産性に基づいて報酬が支払われる歩合制に対して,他人の生産性と比較して報酬が支払われるトーナメント制の方が,生産性が上昇することが知られている.本稿は歩合制とトーナメント制のもとで,制限時間内にできるだけ多くの迷路を解く実験を実施し,どのような要因がこの生産性の上昇をもたらしているかを明らかにする.分析の結果,直前の実験における被験者の予想順位が下位であればあるほど生産性が上昇することがわかった.さらに,予想に含まれる個人の能力に基づかない部分を自信過剰とし,自信過剰が生産性に与える影響を調べたところ,自信過剰なほど生産性が上昇することがわかった.

著者関連情報
© 2010 行動経済学会
前の記事 次の記事
feedback
Top