脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
症例報告
腸骨・大腿静脈の血管内治療が有効であった静脈血栓後症候群の2症例
斧田 尚樹
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 52 巻 June 号 p. 271-276

詳細
抄録

静脈血栓後症候群の治療は,日常生活指導や弾性ストッキングの着用といった保存的治療が主体であるが,難渋することも多い。圧迫療法が施行できない静脈血栓後症候群(CEAP C3)の2症例に血管内治療を施行した。閉塞部は器質化血栓と考えられたため血栓溶解剤は投与せず,バルーン形成術,ステント留置のみで再開通を行った。術後,3日以内に下肢腫脹は消失した。圧迫療法が施行できない自覚症状,徴候のある症例に対しては,有効な治療法の1つと考えられた。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事
feedback
Top