脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
症例報告
血管エコーが診断や病態把握に有用で,両側上肢動脈狭窄に対して血管内治療が行われた巨細胞性動脈炎の1 症例
高坂 仁美濱口 浩敏福住 典子沖 都麦今西 孝充林 伸英野村 佳克山口 雅人河野 誠司
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 55 巻 6 号 p. 95-99

詳細
抄録

要旨:77 歳女性。左上肢脱力を自覚。頸動脈エコーなどの検査で血管炎が疑われ,PET-CT で鎖骨下動脈に集積像を認めた。側頭動脈に対するエコーでhalo sign を認め,生検にて巨細胞性動脈炎と診断した。左橈骨動脈触知不良,鎖骨下動脈に対するエコーにて両側に狭窄病変を認めた。バルーン拡張術を施行後,橈骨動脈は触知良好となり狭窄は改善した。巨細胞性動脈炎における血管内治療の報告はほとんどない。血管エコーが診断と病態の把握に役立った。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事
feedback
Top