日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
ISSN-L : 1348-7922
短報
精油嗅覚刺激による唾液 α-アミラーゼ活性と状態不安に及ぼす影響
長多 好恵宮下 洋子森 満
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 10 巻 1 号 p. 39-43

詳細
抄録

精油の香り吸入による嗅覚刺激は,リラクゼーションの方法の一つと考えられている.スウィートオレンジの嗅覚刺激後に,唾液 α-アミラーゼ活性と状態不安レベルは有意な低下を示した.ペパーミントでは,有意な変化はみられなかった.ある種の精油による嗅覚刺激によって,リラックス効果が得られる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2013 日本補完代替医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top