日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
ISSN-L : 1348-7922
速報
じゃがいも皮抽出物の経口投与によるマウスパイエル板細胞のサイトカイン産生への影響
須藤 麻里加藤 卓入澤 恵市澤 恵石原 克之佐久間 塁伏谷 眞二高野 文英
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 11 巻 2 号 p. 107-110

詳細
抄録

じゃがいも皮エタノール抽出物をマウスへ経口投与し,小腸パイエル板細胞の各種サイトカイン産生への影響について検討した.70%エタノールで抽出されたエキスを 100 mg/kg/day の摂取量で投与した結果,concanavalin A の刺激を受け,Th1 サイトカインの IL-2 が著しく増量した.Th2 サイトカインの IL-4 および Th17 サイトカインの IL-17 産生量は減少した.Treg サイトカインである IL-10 産生量には変化が見られなかった.すなわち,皮エタノール抽出物は小腸パイエル板に作用して腸管免疫における Th バランスを Th1 優位にするような活性成分を含むことが示唆された.

著者関連情報
© 2014 日本補完代替医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top