日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
ISSN-L : 1348-7922
総説
カイジと肝臓癌
鄒 歩浩福沢 嘉孝阿部 哲朗許 鳳浩太田 富久鈴木 信孝
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 13 巻 2 号 p. 35-41

詳細
抄録

カイジ顆粒は健康食品として日本に入ってきたが,もともと中国では新薬として開発され,処方薬の一つとなっているため,基礎研究や臨床応用も数多く,エビデンスも積み重ねられてきた.カイジ顆粒の応用は多岐に渡るが,本総説はデータのもっとも多い肝臓癌に対するカイジの影響についてまとめた.

著者関連情報
次の記事
feedback
Top